日本の文化伝統そして日本人のこころ

The Cultures and Traditions of Japan and The Japanese Spirits




題字 池田樵舟

日本人のこころの根本は愛と和の精神です。

日本人の心と日本の文化伝統は、わたしたちの住む日本の地で、

2万年にわたって、愛と和の精神によって育まれてきました。

しかし、3000年前から始まる弥生文化の浸透、そして現代の西欧文化の浸透によって、

日本人はそれらと協調し融和しながらも、

日本人本来の愛と和のまほろばが失われつつあることも否めません。

いま、わたしたちは日本の文化伝統と日本人のこころを見つめなおし、

互いに啓発し合い、互いに再発見することによって、

日本人の愛と和の精神が再生されていくことを願います。

そうして再生された日本人の愛と和の精神をもって、互いに助け合い、

労わり合う温かいまほろばを再構築し、

また、このことを通して、

日本人が世界の平和と幸福により一層貢献できるようになることを目指します。

本会「日本の文化伝統そして日本人のこころ」がその一助となれば幸いです。





6/2

特集NO4「読み物」に、かんな新吾先生の「上毛かるた」の連載がはじまりました。

上毛(群馬県)はかつて縄文文化の拠点であり、大和朝廷の文化との接点でもありました。その文化と伝統が伝わる「上毛かるた」にご期待ください。


5/31

特集NO4「読み物」に筑波学院大学講義「老舗旅館とは」(講師 渡邊さお里)が掲載されました。



4/19

特集NO4「読み物」の「歴史の小話」(渡邊さお里)が加筆されました。


3/15

「おすすめ」の書籍に「日本人にあったがん医療を求めて」(水上治著)が紹介されました。


3/1

特集NO1「樵舟」に樵舟書論「興芸書学入門(上)」が掲載されました。