■縄文の万葉集 第三回 恋の痛み


万葉集は心から想い慕う情熱的な恋歌もあれば、

恋に嘆き哀しむ歌もあります。


秋風が身に沁みる今日この頃。


風が吹いても、音がしても、

何をしていても心が痛む。

そんな切ない恋をするほどの恋。


心が痛むのは切ないばかりだけれど、

それほど想える人と出会えるのは素晴らしいこと・・


古代語の「いたし」は、

身に苦痛を感じさせる激しさを表しています。


---


君に恋ひ 甚(いた)もすべ無み 奈良山の 小松がもとに 立ち嘆くかも (第四、593)


訳:君恋しさにじっとしていられなくて、奈良山の小松の下に立ちいでて嘆いております。


※君に恋ひ 痛み便なみ・・

笠郎女が歌った気持ちで、苦痛に堪えかねるほどの便なさであること。


---


風を痛み 甚振る浪の(第十一、2736)

波の穂の いたぶらしもよ(第十四、3550)


ただ揺れるだけではない。

揺られて揺られて苦痛に堪えがたい感情を歌っています。